おともだち (Otomodachi) Lyrics – ファントムシータ (Phantom Siita)

おともだち (Otomodachi) Lyrics by ファントムシータ (Phantom Siita) is a latest Japanese song in the voice of ファントムシータ (Phantom Siita). Its music too is composed by singer while brand new おともだち (Otomodachi) song lyrics are also written by ファントムシータ (Phantom Siita). 「おともだち (Otomodachi)」は、ファントムシータが歌う友情の裏切りと不信をテーマにした曲です。曲中では、友達同士の約束や絆が崩れ、嘘や裏切りが明らかになる様子が描かれています。歌詞には、「嘘ついてるのは誰?」と繰り返し問いかけるフレーズがあり、友人関係の中での不安や不信感が強調されています。明るいメロディーに乗せて、友情の表と裏を描いた曲で、現代の人間関係の複雑さを象徴しています。

おともだち (Otomodachi) Lyrics

[Chorus: All]
嘘ついてるの だあれ
裏切らないって言ったよね
嘘ついてるの だあれ
隠しても無駄だよ
おともだち (Ha-ah)
おともだち (Ha-ah)
おともだち (Ha-ah)
おともだち (Ha-ah)

[Verse 1: 美雨, 凛花]
私たち なかよしだよね

いつもの約束
ハブかれたらもう終わり
命懸けの指切り

[Verse 2: 百花, 灯翠]
いつの日もいつでもずっと
私たち一緒
ペンタゴンの隅で
誰かいつも独り

[Pre-Chorus: もな, 美雨, 美雨 (&もな), 灯翠]
お揃いのしるし
みんな 赤い色
私だけ 黑いのチャーム
誰かのせいよ
「お答えください」

[Chorus: All]
嘘ついてるの だあれ
裏切らないって言ったよね
嘘ついてるの だあれ
隠しても無駄だよ
おともだち (Ha-ah)
おともだち (Ha-ah)
おともだち (Ha-ah)

おともだち (Ha-ah)

[Interlude: 凛花]
Lie, lie, lie
Lie, lie, lie
Lie, lie, lie
Lie, lie, lie
Lie, lie, lie
Lie, lie, lie
Lie, lie, lie
Lie, lie, lie

[Verse 3: 百花, もな]
嘘ついてる「知らない」
掌返し茶飯事
可愛いって嫌味で
裏垢行って叩きます
「親友」って口だけ
「絶対内緒」今日まで
物語消したって
スクショ撮って流すね

[Pre-Chorus: 灯翠, 凛花, 灯翠 & 凛花]
みんな指を乗せて
そして 問いかけて
もう誰もやめられない
降霊の占い
「おいでください」

[Bridge: 凛花, もな, 美雨]
よくある指切り
効力無くて
加工した過去が多すぎて
なにが本当のことだっけ
誰とした約束だっけ

[Chorus: 百花, 凛花, 灯翠, 美雨, *もな*]
嘘ついてるの だあれ
裏切らないって言ったよね
嘘ついてるの だあれ
隠しても無駄だよ
(*私じゃない!*)

[Chorus: All]
おともだち
嘘ついてるの だあれ
裏切らないって言ったよね
嘘ついてるの だあれ
隠しても無駄だよ
おともだち (Ha-ah)
おともだち (Ha-ah)
おともだち (Ha-ah)
おともだち (Ha-ah)

Translation

ファントムシータ (Phantom Siita) Songs

おともだち (Otomodachi) Lyrics Meaning

[Chorus]
友達関係の中で嘘や裏切りが広がっていることに対して、誰が嘘をついているのかを問い詰めています。友達としての信頼が崩れかけていることを示し、誰もが嘘を隠し通すことはできないと強調しています。この繰り返しのフレーズで、友情の裏側に潜む不信感を鮮明に表現しています。

[Verse 1]
私たちは仲良しで、いつも同じ約束を守ってきました。友情の証として指切りをし、その絆を命懸けで守ろうとしています。しかし、もし仲間外れにされてしまったら、その友情は一瞬で壊れてしまうという脆さも描かれています。友情の大切さと同時に、その危うさが表現されています。

[Verse 2]
どんな時もずっと一緒にいると誓った友達ですが、実際にはいつも誰かが孤独を感じています。ペンタゴンの隅にいる独りの存在が、友情の中に潜む孤独感を象徴しています。一見強固な友情も、実は一部の人にとっては孤独を感じる場であることが示されています。

[Pre-Chorus]
みんなでお揃いの赤い印を持っていますが、自分だけが黒いチャームを持っていることに孤立感を感じています。その理由を誰かに問いかけ、答えを求めています。この場面は、自分だけが違うことへの不安や疎外感を象徴し、友達関係の中での微妙なバランスを描写しています。

[Chorus]
友達関係の中で嘘や裏切りが広がっていることに対して、誰が嘘をついているのかを問い詰めています。友達としての信頼が崩れかけていることを示し、誰もが嘘を隠し通すことはできないと強調しています。この繰り返しのフレーズで、友情の裏側に潜む不信感を鮮明に表現しています。

[Interlude]
「嘘」という言葉が繰り返されることで、嘘や裏切りが日常茶飯事であることを強調しています。友達同士の信頼が失われ、誰もが何度も嘘をついている現実が描かれています。この繰り返しによって、友情の中の深い不信感が浮き彫りにされています。

[Verse 3]
友達が裏で悪口を言ったり、表面だけの友好を装っていることに対する批判が込められています。「親友」という言葉が口先だけであることや、秘密が守られずに広まってしまう現実が描かれています。友達関係の表面的な部分と、その裏側にある裏切りや不信が強調されています。

[Pre-Chorus]
みんなで指を合わせて問いかける儀式のような場面が描かれています。降霊の占いのように、誰かの真実を求める様子が表現されています。この場面は、友達同士の絆が試されていることや、誰が本当のことを言っているのかを知りたいという切実な願いを示しています。

[Bridge]
指切りの約束が効力を失い、過去の出来事が加工されて真実が曖昧になっています。誰と何を約束したのか、何が本当なのかがわからなくなっている混乱した状況が描かれています。友情の約束が破られ、真実が見えなくなっていることが強調されています。

[Chorus]
友達関係の中で嘘や裏切りが広がっていることに対して、誰が嘘をついているのかを問い詰めています。「私じゃない!」という自己防衛の声もあり、誰もが疑心暗鬼になっている状況が描かれています。友達としての信頼が揺らぎ、友情の危機が迫っていることを示しています。

[Chorus]
友達関係の中で嘘や裏切りが広がっていることに対して、誰が嘘をついているのかを問い詰めています。友達としての信頼が崩れかけていることを示し、誰もが嘘を隠し通すことはできないと強調しています。この繰り返しのフレーズで、友情の裏側に潜む不信感を鮮明に表現しています。

Famous Phrases with Explanation

1. “嘘ついてるの だあれ
誰が嘘をついているのかを問い詰めるフレーズ。友達同士の信頼が揺らいでいることを強調し、裏切りや不信感が広がっている様子を表しています。

2. “裏切らないって言ったよね
友達が裏切らないと約束したにもかかわらず、その約束が破られている現実を示しています。友情の絆が壊れかけていることを痛感させる言葉です。

3. “命懸けの指切り
友情の約束が命懸けであることを象徴するフレーズです。指切りという儀式を通じて、友達同士の強い絆とその約束の重さを表現しています。

4. “お揃いのしるし みんな 赤い色
友達同士が共通の印を持っていることを示していますが、自分だけが異なる黒いチャームを持っていることで孤立感を感じています。友情の中での疎外感を表しています。

5. “よくある指切り 効力無くて
指切りの約束がもはや意味を持たないことを示しています。過去の約束が守られず、信頼が失われている状況を嘆いています。友情の脆さと過去の出来事の曖昧さを表現しています。

FAQs

Q. Who has sung おともだち (Otomodachi) song?
A. おともだち (Otomodachi) song is sung by ファントムシータ (Phantom Siita).

Q. Who wrote おともだち (Otomodachi) lyrics?
A. おともだち (Otomodachi) lyrics are penned by ファントムシータ (Phantom Siita).

Q. Who has given the music of おともだち (Otomodachi) song?
A. おともだち (Otomodachi) music is composed and produced by ファントムシータ (Phantom Siita).

“This concludes the lyrics of おともだち (Otomodachi)” by ファントムシータ (Phantom Siita). If you find any errors in it, please feel free to submit the correct version via the Contact Us section.